2013年05月21日

「セデック・バレ」トークショー開催しました☆

どうも、異動してからすっかりご無沙汰、芋色眼鏡ですワーイ
別部署に異動になって、実はキネマスタッフではなくなってしまった私ですが、ブログ、書かせていただきます。

何故なら!

IDとパスワードを知っているから!わはは!!パー

ではなくてですね、皆様にレポートしたくてですねgood


昨日、キネマ館では「セデック・バレ」公開記念特別トークショーが開催されました。



「セデック・バレ」は、1930年に台湾の山間部で起こった抗日暴動事件を題材に、
「海角七号」のウェイ・ダーション監督が描いた4時間36分の長尺二部構成大作。


(C) Copyright 2011 Central Motion Picture Corporation & ARS Film Production ALL RIGHTS RESERVED.

台湾の原住民セデック族が台湾を植民地支配しようと入り込んでいた日本に反乱した
「霧社(むしゃ)事件」を完全映画化したバイオレンス・アクションな作品です。ちなみにR-15指定。

そんな本作のトークショー、講師は宮崎大学名誉教授・文芸評論家の岡林稔先生
映画のスクリーンをバックに、パワーポイントでご講義をいただきました。
(大学の授業みたいで楽しかった~)



しかしなぜ、台湾の抗日暴動の映画で岡林先生なのか?


そこをつなぐキーは宮崎出身の作家「中村地平」でありました。


中村地平は南方文学の提唱者。そもそもなぜ南方なのか?
旧制宮崎中学校(現在の宮崎大宮高校)を卒業した後、神経衰弱でまいってしまった地平は、
南方でのんびりしようと台湾の高校へと進学を決め、そこから地平と台湾のつながりが始まりました。
なんで台湾か、というと、女性がらみで神経衰弱になってしまった佐藤春夫に「いいよ~台湾」と誘われて、とのこと。

そしてそんな中村地平を研究していらっしゃるのが、岡林先生なのであります。


・・・昨日の講義で出てきた言葉「理蕃(りばん)政策」。
なんと高慢な文字面だろうかと思います。
植民地化を目指すうえで、野蛮な民族を文明開化させてあげるのだ!
という上から目線な政策で、台湾の統治を進めていった日本政府。

現地の女性と政略結婚したり、部族の長を東京案内したりと懐柔政策を推し進めてはいたが、
基本的に、現地に入っていた日本警察も日本本国の国民たちも、セデック族を下に下に見ていました。

地平はセデックに寄り添った作品を書いてはいたものの
やはりどうしても、端々に上からな思想が見え隠れするのだそうで、
そういった感情に疑問を持ちにくい、そういう時代の空気感だったのかな、
と、ちょっと残念に思ってしまいました。


セデックから少し離れますが、地平についての講義の中で印象的だったのは、帝大同級生だった太宰治との友情と確執。


神経衰弱はなはだしい友人の太宰に「俺が入った新聞社に来いよ」と救いの手を差し伸べるものの、
太宰は女と心中未遂なんか起こしてる。言っても言っても心中しようとする太宰。
う~ん、太宰治、分かってはいたけどやっぱり面倒くさい男だなと思ってしまいます(笑)

地平も「なんや、もう!」と愛想をつかし、あんな奴は一生友達じゃない!と互いの作品の中で悪口を書きあう2人。
ほんと、なにやってんだ(笑)

映画

さて、本作は先に書きましたとおり4時間30分越えの大作です。
5月25日(土)から上映開始。
前半を第1部、後半を第2部としてそれぞれに料金をいただきますので、購入の際はご注意ください。
今ならお得なセット前売券を2,400円にて販売中!

上映時間はコチラhttp://www.bunkahonpo.or.jp/cinema/time_2.htm

物販所には中村地平の作品や、岡林先生の著作も販売しております。
ぜひ、ご覧ください。

長々と失礼しました!よろしくお願いします☆




Posted by キネマスタッフ  at 11:54 │Comments(1)イベント

この記事へのコメント
シートを立つと、猛烈に走り出したくなった。
橘通三丁目はおあつらえ地平スーツのやふに
夕立ちで、アートセンターまえのバスまで走ったよ。
パーム直列國道を。

と、ころで永瀬映画祭はションベンライダーや?
映画祭で旅館夫人にサプライズバースデーしたがね。
Posted by りんたろう at 2013年12月13日 08:07
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


<?=$this->translate->_('削除')?>
「セデック・バレ」トークショー開催しました☆
    コメント(1)